Text Size : A A A
あけましておめでとうございます。
Img_2e75fc08e12b336864c002926358fa96
お耳の上から初日の出
Img_d1d2365d52bcbb1f2f1e52c0c21d9606
2014年 はじまりの日
家族で船岡城址公園の小山に登り
初日の出を拝んできました。

薄いブルーの稜線。その向こうから
真っ赤な朝日が昇ってきました。
カメラで撮ると小さいけれど
倍くらい大きく見えてきれいでした。
Img_5031a9822a6047f35c0125cbe0cffc09
「お願いごとしたよ」
今年もたくさんお散歩できるといいね。
私もれおが元気で毎日を楽しく過ごせるように
お勉強もちょっとずつ続けていきたいです。

昨年は、オフ会に初参加したり
プレイズタッチのイベントで福島や那須にお出かけして
たくさんの出会いがありました。

れおとお友達になってくれたわんちゃん
ブログに遊びに来てくださったみなさん
本当にありがとうございました!
そして、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

れおくん
今年はかわいいお友達とたくさん遊べるといいね!


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
Img_767b12b18ef4045dc8ad951b2ab112c8
「ぼく雪が大好きだよ~」
2014年、2日目は雪!
12月の初雪遊び (Click!) より、もう少し積もったかな。

朝のかっとび、れおくん
Img_d9a65ac890f858b36101a8f56f04ec18
「ゆき」
Img_7cd5d782852b0e00979591a2fd9873ec
「ゆっき♪」
Img_837f800d68c10fb1c9aa18d90b01d250
「だいすきー♪」
せっかくの雪なので
お昼前にもう一度お散歩に行きました。

いつもの河川敷の公園は本日も強風
誰もお散歩していません。
Img_a9be5965f77bc2e5d1eb13c01574fce0
「わぁっ、風が強い」
Img_4504b30c666a746f78da0a0089ad3ea3
「ぼく負けないぞ!」
Img_25a88886a269ac86d349552788efaf71
「あー!負けないぞー!!」
誰も足を踏み入れていなかったきれいな雪の上を
ロングリードめいっぱいにぐるぐる走り回り
風に向かって、わんわん絶叫!
Img_1b5c5b4196f01c17e51a542e8f23346f
「楽しい~」
風にも負けず、よく走りました!
良かったね~。


***

本日、川にいた白鳥さんは30羽ほど。
その中にいつも他の白鳥からぽつんと離れて
首に緑の鑑札をつけた子がいます。

数年前から毎年見かけるのですが
去年も他の白鳥が北へ帰ったのに
5月中旬まで残っていました。
羽を痛めたのかな?とか心配したのですが
ちゃんと北へ帰って、また来てくれました。
Img_1b1b02b5fc1491baddf7ac3191cf92c9
鑑札「5C78」 とても優しい子です
Img_ee4ab05cf345150c8ee688287f67e3a4
うちに帰ったれおは
足を洗ったあと、おトイレに直行!
おなか冷えたかな。。。

温かいヤギミルクのハーブティを飲んで
こんこんとお昼寝中です。

今日もいいお散歩でした!


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
先月受講した、Essentia Herbs (Click!) 
ドッグフィトセラピー Level.1
Lesson 4 は「シニア犬のためのハーブとケア」です。

うちのれおは4才になったばかりですが
毎日楽しく過ごし、元気に年を重ねてほしいです。
そしてシニア期を迎えるとき、
さりげなく心と身体をサポートできるように
今からでも少しずつ勉強していきたいです。

(写真は、本文と全然関係ない本日のれおです)
Img_2335a04ded66c43cd2cea3dcc36a47dd
「ハチさん♪」
ドッグフィトセラピーのLesson 1 でも
年齢による体の変わり目があると
教えていただきました。 (Click!) 
シニア期は細かく分けると
6~8才
8~10才
10~13才

6才ってまだ若いですよね。
でも、体からは小さなサインが出始める
そんな時期なのだそうです。

シニア犬の体を一言で表すと
”あらゆる機能の低下”
そう聞くと、ため息が出てしまいますね。
でも、
ちょっとした変化に気づいて早めに対処する、
過保護にせず、その子の力を生かすことが大切です。
Img_78d169a17f6c44b5bd3b51795ba60fa8
「はぐ!」
Img_cc2e587efaf7ad91840a318d5e463fc0
「はぐ~!」
(れおくんの引っ張りっこは指3本で余裕)

シニア期に起こりやすいトラブルとして
関節の異常があります。
犬種によって先天的になりやすい異常もありますね。

関節のケアは、
グルコサミンやコンドロイチンなどを
サプリメントで補給していきます。

また身体に炎症があると、ビタミンCを消費するため
ハーブでは、ビタミンCたっぷりのローズヒップを。

「ローズヒップ」は、
その昔、犬が散歩中に食べていたことから
ドッグローズとも呼ばれていたそうです。
犬は体内でビタミンCを生成できますが
さまざまなストレスを抱える現代わんこたちは
それだけでは、足りていなさそうというお話でした。

ローズヒップのすごい所は、
抗酸化作用のあるビタミンEと
ビタミンCを熱から守るビタミンPが
一緒に入っていること。
また、ビタミンCは鉄の吸収も良くしてくれますね。
シニア犬だけでなく、女性にもおすすめのハーブです。
Img_e1008b92d3d04f42278b90d4ce9ed549
「どう?ぼく強かったでしょ!?」
(がんばりすぎて、マンガみたいな顔になってます)


また、内臓の異常としては
循環不全、消化力の低下が出てきます。
シニアというと私が気になるのは、心臓病。
心臓のサポートをするハーブは、ホーソンです。

「ホーソン」は、
”心臓の看護婦さん”とも呼ばれているハーブで
心筋の老化を防ぐ働きがあります。
6才くらいからは年中取り入れたいハーブとのこと。

夏はパンティングが増えて、心臓に負担がかかるので
夏の間は、れおのハーブミックスにも
ホーソンとハイビスカス
をおすすめしていただいて入れていました。
ハイビスカスはけっこう酸味がありますが、
れおは大好きで、ごくごく飲んでいましたよ。


先代わんこのりき(ハスキーMIX)は
12才の時、心臓の弁膜症が見つかり
ACE阻害薬を飲み始めました。
お薬のお陰で心臓発作は起きなかったものの
最後の方は、肝臓・腎臓の異常の方が深刻でした。
それを先生にお話しした所、

心、腎、骨・筋 は密に関係している

ということでした。というのも
心臓を流れる血液は、骨髄で作られますが
その指令を出すのは、腎臓から出るホルモンなのです。
腎臓は数値に異常が出た時にはすでに重症とも
言われていますので、心臓のケアをするときには
腎や骨・筋のケアも合わせてしていくと
良かったのですね。


(れおくん、今日はなかなか強かったぞ~)
Img_1ffd2181e59bdcf84735f2524769d12f
「ほんとう~♪」
(にっこりしてるー!?)
ちなみに
高い位置での引っ張りっこは、
後肢の筋肉強化につながります。
(低い位置の場合は、前肢)


れおくんは、私にとって三代目わんこです。
これまで一緒に暮らしてきた子に
してあげられなかったことはいろいろありますが
それを悔やむのではなく
今、目の前にいる子にできることをする
そんな心持ちも大切なのかなと思っています。

シニア犬のためのハーブとケア
もう少し続きます。


にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村